なぜ爪水虫になるの?

爪水虫について

 爪水虫は、皮膚炎にクリームなどを付けることで白癬菌が皮膚の角質層に繁殖して起きます。白癬菌は温度、水分、酸素を好み、
角質層の奥に繁殖しますので薬を皮膚に塗っても治り難いものです。角質層の内部に浸透
させることが重要となります。
 

★どうしたらいいの?

 皮膚の角質層に対して浸透して治すのは次の方法が良いでしょう。
1、長靴を用意して下さい。
2、竹酢液原液を足が2センチ位浸かる状態にします。
3、2時間以上散歩、作業、歩くなどして下さい。
4、2ミリある足の角質層に浸透して綺麗な皮膚になります。


★爪水虫について

 水虫が爪に感染したのが爪水虫で、爪が異常に厚みを増します。

★どうしたらいいの?

 爪に対して浸透して治す方法は次の方法が良いでしょう。

【用意するもの】
ヤスリ:断面が蒲鉾状、先端が細くなっているもの(100円ショップ)

1、ヤスリで爪を削ります。
2、竹酢液原液を靴などに入れて足が2センチ位浸かる状態にします。
3、2時間以上歩くなどして下さい。
4、以上で爪の中の白癬菌を殺菌します。繰り返し行います。

★どれくらいの費用ですか?

竹酢液原液2,625円+送料840円=3,465円

※注意事項
・皮膚の弱い方はお止め下さい。

   
◆竹酢液(ちくさくえき) 
 竹を炭焼すると煙と水蒸気が発生し、これを冷却した時に出来るのが竹酢液です。
炭焼十字軍では、原料の竹に対して、竹炭(ちくたん)は20%、竹酢液も20%とれます。
 強酸性で青竹でPH3.1、殺菌力も強い。竹酢に含まれる酢酸など約500種類の有効成
分が ヒスタミン(体内にあるかゆみを引き起こす物質)を抑制します。
竹酢液を水で100〜300倍に薄めたものを洗面器に入れて頭に掛けて揉むことで地肌と毛
髪に栄養を届けて元気な髪に改善します。

※使用上の注意
農業用、工業用、園芸用の竹酢は人体に害があるので使用しないで下さい。

★生産法
炭焼十字軍
 プロパンガス燃料で、4〜5時間加熱、12〜15時間冷却です。金属製で、煙突位置は天
井で、冷却は水冷式を採用しています。純粋な、100%天然竹酢液ができます。

★竹酢液原液とは?
 炭焼時にでたものが原液で、これを蒸留装置で蒸留加工したものが竹酢液蒸留タイプです。

★蒸留とは?
 原液を加熱して、水蒸気を蒸発させたものを冷却したものです。タール分などを除去します。


炭市場 top page

お問い合わせは

竹酢液 製造直売 (株)昭和企画 TEL 0587-36-3271 FAX 0587-36-0361

〒492−8439 愛知県稲沢市七ツ寺町70−4

jujigun1@showakikaku.co.jp

まで